現代日本人にとって、呉服屋というのは、敷居の高い場所です。モールの中などに入っている呉服屋さんや、特別に来て販売している着物販売店も気後れしてしまいます。最近は、気軽に着物は着ても良いという雰囲気も手伝い、またポリエステルの着物も増えましたし、ネット販売も手伝い気軽に楽しむ方も多くなりました。しかし決して一般的な洋服のような安さはありませんし、そのレベルは、気軽に着られる浴衣程度です。お店に入って、いきなり商売の話をされた上に、強引に営業をし始めるお店は、まず信頼できませんし、されないお店です。どんな販売店にも言えることですが、お客様の用途に合った商品を的確に紹介できるお店、紹介できる従業員がいるということが、最も信頼されるお店にあたります。敷居が高い上に、高額な商品を強引に勧めるお店は、商品の質に対しても疑問を持たれてしまいます。

着物の販売はTPOを認識することが大切

和装は日本人が最も美しく魅せることができる装いと言われています。もちろん人によりますが、それでも正式な場であってもなくても、和装は珍しさだけでなく、やはり華やかさを感じる装いです。和装は気軽に楽しむ時用の物は自由に組み合わせることができます。レースをあしらっても素敵ですし、洋装を合わせても良いものです。そもそも女性の袴が容認されたのは、かなり現代の話です。明治初期に見ることが多くなったイメージですが、本来は男性の履物だったわけです。このように自由に着ることを許されている状況での和装を許容できる販売店であれば、もっと和装は現代の女性の普段着として認識されていくと思います。ではなぜ、着物の販売が増えていかないのかと言えば、高いというだけでなく、決まりごとが多いという先入観と、着付けの不慣れさです。

着物を選ぶ味方であってほしい販売店

着物の販売をしているのに、洋装を着ているお店があります。制服ですから悪いという話をしているのではなく、この販売員は着物に関する知識があるのか不安になるということです。もっとも着物を着ていれば、知識があるというわけではないことは注意が必要です。和装にも季節に合わせた柄や素材があります。合わせるものも季節によって変わります。真冬に外で浴衣を着る人がいない事が極端ですがわかりやすい例です。また季節の後取りをしないのも着物楽しみ方です。桜の季節や少し前に桜の柄を着て、夏には朝顔などが良いという話になります。正式な場に着ていくときの柄などを選ぶのであれば、このような知識を持っている販売員の方は非常に心強い味方になります。また帯の組み合わせにも正式の場に置いてはマナーがあります。前もって調べておくことも大切です。

お仕立て上がり訪問着は5万8千円からです。 当社はきもの部門でもネットショップナンバーワンを目指し、すべてのきものファンのお客様に満足していただける品揃えを目指します。 着物のファンの方に担当者別のコーナーを掲載して部類分けして販売しているので着物選びがよりしやすくなっているのが、他社との違いです。 多くの着物が販売されてるお店を探しているならこちら